コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分解蒸留 ぶんかいじょうりゅう cracking; cracking distillation

4件 の用語解説(分解蒸留の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分解蒸留
ぶんかいじょうりゅう
cracking; cracking distillation

クラッキング。石油工業の石油精製工程で用いられる単位操作。沸点の高い重質留分を高温高圧下で分解するか,ケイ酸アルミナなどの触媒を用いて接触熱分解して軽質石油 (おもに分解ガソリンを 50%程度の収率で) を製造することである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

分解蒸留【ぶんかいじょうりゅう】

熱分解

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ぶんかいじょうりゅう【分解蒸留】

石油のクラッキング。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分解蒸留
ぶんかいじょうりゅう
pressure distilation

高温・加圧下で行う熱分解法クラッキングの一種)による石油精製法。生成するガソリン留分のオクタン価が低いので、ガソリン製造のためには現在ではほとんど行われない。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の分解蒸留の言及

【熱分解】より

…化合物を加熱して,より安定ないくつかの化合物へと分解すること。クラッキング,分解蒸留ともいわれる。これは一般的に熱分解反応と呼ばれるが,とくに石油類の熱分解は単一化合物の熱分解反応ではなく,高分子混合物に用いて有用な分解生成物を得る工業的に重要な技術であり,触媒を用いて行われる接触分解と対比される。…

※「分解蒸留」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

分解蒸留の関連キーワードクラッキング東亜石油クラッキングガスペトロチャイナ石油精製工場特殊契約千代田化工建設[株]日揮[株]日本石油精製[株]極東石油工業新日本石油精製

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone