ケミグラウンドパルプ(英語表記)chemiground pulp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケミグラウンドパルプ
chemiground pulp

中性亜硫酸塩などの薬液を木材に浸透させて繊維結合を弱めたあと,機械的に処理してパルプ化したもの。化学パルプ機械パルプの中間の収率と性質をもつ。製法には丸太法とチップ法の2種がある。丸太法は丸太を薬液処理したのちに,グラインダで砕してつくる方式。チップ法は木材チップを薬液処理したのち,リファイナーで摩砕してつくる方式。新聞や下級印刷の砕木パルプの代用として使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android