ケルート火山(読み)けるーとかざん(英語表記)Gunung Kelut

日本大百科全書(ニッポニカ)「ケルート火山」の解説

ケルート火山
けるーとかざん
Gunung Kelut

インドネシア、ジャワ島東部の活火山。標高1731メートル。安山岩質の二重式成層火山である。1000年を皮切りに、近くは1991年など、中央火口内の湖中で30回以上噴火し、そのつど泥流で惨害(1919年には死者5110余人)を出した。1928年排水トンネル7本がつくられ、湖の水位調節、泥流発生の防止に有効であったが、66年の噴火でトンネルが壊れ、大泥流で死者282人を出した。火山観測所がある。

諏訪 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android