惨害(読み)さんがい

精選版 日本国語大辞典「惨害」の解説

さん‐がい【惨害】

〘名〙 むごたらしい災。いたましい傷害。ひどい損害。
※政党評判記(1890)〈利光鶴松〉二「臓腑一旦不平の弾薬を込めて、更に消散せしむることなくんば、遂に何日か破裂の惨害を演ぜざることなかる可し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「惨害」の解説

さん‐がい【惨害】

いたましい被害。むごたらしい災害。「台風は各地に惨害をもたらした」
[類語]惨禍被害禍害災禍災害なん災い被災災難天変地異天災人災地変風害風水害冷害霜害雪害干害渇水旱魃水涸れ病虫害虫害煙害公害薬害災厄凶事禍根舌禍筆禍試練危難国難水難水禍海難受難遭難罹災貧乏くじ馬鹿を見る弱り目にたたり目泣き面に蜂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android