惨害(読み)さんがい

精選版 日本国語大辞典「惨害」の解説

さん‐がい【惨害】

〘名〙 むごたらしい災害。いたましい傷。ひどい損害。
※政党評判記(1890)〈利光鶴松〉二「臓腑一旦不平の弾薬を込めて、更に消散せしむることなくんば、遂に何日か破裂の害を演ぜざることなかる可し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「惨害」の解説

さん‐がい【惨害】

いたましい被害。むごたらしい災害。「台風は各地に惨害をもたらした」
[類語]惨禍被害禍害災禍災害なん災い被災災難天変地異天災人災地変風害風水害冷害霜害雪害干害渇水旱魃水涸れ病虫害虫害煙害公害薬害災厄凶事禍根舌禍筆禍試練危難国難水難水禍海難受難遭難罹災貧乏くじ馬鹿を見る弱り目にたたり目泣き面に蜂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「惨害」の解説

【惨害】さんがい

大災害。

字通「惨」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android