ケレタロ州(読み)ケレタロ(英語表記)Querétaro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケレタロ〔州〕
ケレタロ
Querétaro

メキシコ中部内陸の州。州都ケレタロメキシコ高原南部を占め,北東部は東マドレ山脈の西縁をなす山がちな地帯で,鉱物資源に富むのに対し,南西部はゆるやかに起伏する肥沃な平地となっており,西端部はメキシコ有数の穀倉地帯バヒオの一部をなす。かつてはインディオオトミ=チチメカ族の土地であったが,1531年スペイン人に征服され,50年代に植民活動が始められた。金,銅,鉛,スズなどの鉱床があるが,州の主要鉱産物は石油,オパール,水銀である。平地部では果樹,穀物,薬草,サツマイモなどが栽培される。闘牛用のウシの飼育も重要な産業となっている。アメリカ合衆国との国境の町シウダードフアレスとメキシコ市を結ぶ幹線道路と鉄道が州南西部を通る。面積1万 1449km2。人口 104万 4227 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android