ケーブアンドベイスン国定史跡(読み)ケーブアンドベイスンこくていしせき

世界の観光地名がわかる事典の解説

ケーブアンドベイスンこくていしせき【ケーブアンドベイスン国定史跡】

カナダのアルバータ州の観光都市バンフにある、カナダの国立公園制度発祥の地。未開の山岳地帯だったこの町は、1883年、鉄道ルートを探るために山を歩いていた3人のカナディアンパシフィック鉄道員によって発見された。3人は所有権を主張して、洞窟の上に掘建て小屋のようなホテルを建てたが、しばしば争いが起こったので、政府はバンフを保護区にした。これにより、1887年、バンフはカナダで初の国立公園となった。公園の歴史を知ることができるビデオや地理に関する展示がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android