コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーブアンドベイスン国定史跡 ケーブアンドベイスンこくていしせき

1件 の用語解説(ケーブアンドベイスン国定史跡の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ケーブアンドベイスンこくていしせき【ケーブアンドベイスン国定史跡】

カナダのアルバータ州観光都市バンフにある、カナダ国立公園制度発祥の地。未開の山岳地帯だったこの町は、1883年、鉄道ルートを探るために山を歩いていた3人のカナディアンパシフィック鉄道員によって発見された。3人は所有権を主張して、洞窟の上に掘建て小屋のようなホテルを建てたが、しばしば争いが起こったので、政府はバンフを保護区にした。これにより、1887年、バンフはカナダで初の国立公園となった。公園の歴史を知ることができるビデオや地理に関する展示がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケーブアンドベイスン国定史跡の関連キーワード観光都市バンフルイーズ湖アルバータキャンモアノーケイ山ビーバー街道ボウ湖マリーン湖アルバータ[州]

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone