コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーマン諸島 ケーマンしょとうCayman Islands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケーマン諸島
ケーマンしょとう
Cayman Islands

カリブ海北西部にある島群。イギリス海外領土。カイマン諸島ともいう。東西約 200kmにわたって点在するグランドケーマン島,リトルケーマン島,ケーマンブラク島の 3島からなり,東端のケーマンブラク島はジャマイカの北西約 200kmに位置する。首都はグランドケーマン島にあるジョージタウン。1503年クリストファー・コロンブスが発見,カメが多くいたためトルトゥガ(スペイン語で「カメ」の意)諸島と呼んだが,のちカイマン(「ワニ」の意)諸島と呼ばれるようになった。1670年ジャマイカとともにイギリス領。その後おもにジャマイカ人が入植しその属領となったが,1962年ジャマイカの独立に伴って,再びイギリスの直轄領となった。主産業は金融業で,ここに本拠を置く企業に税制上の特典を設けているため,3000をこえる企業と 500以上の銀行が立地する。次に重要なのは観光業で,近年ホテルが次々に建設されている。外国船の船員として働く住民からの送金も重要な収入源となっている。面積 264km2。人口 5万6000(2011推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ケーマン諸島の関連キーワードケーマン海溝

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケーマン諸島の関連情報