コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲオルク ゲオルクGeorg der Reiche, Herzog von Sachsen

1件 の用語解説(ゲオルクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲオルク
ゲオルク
Georg der Reiche, Herzog von Sachsen

[生]1471.7.28. マイセン
[没]1539.4.17. マイセン
ドイツ宗教改革時代のザクセン公 (アルベルト系) 。「髯公」 der Bärtigeもしくは「富裕公」 der Reicheとあだ名された。 1500年公に即位以来,国家財政の改善にすぐれた手腕を示し,また教会生活の純化にも意を用いたが,彼が主宰した M.ルターと J.エックライプチヒ討論会後,宗教改革運動の断固たる敵手,北部ドイツにおける旧教勢力の指導者となり,T.ミュンツァーの率いる農民一揆を撃破した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のゲオルクの言及

【ザクセン】より

… ところで,1485年の家産分割に際してこのウェッティン家の領土は2系に分けられ,エルンスト系Ernestinerは選帝侯位とウィッテンベルク,ならびにチューリンゲンの大部分を,他方のアルベルト系Albertinerはマイセン辺境伯領と旧プライセンラントなどを領有することになった。これ以後,両系のウェッティン家はそれぞれ別個の政策を追求し,例えば,宗教改革に際して,エルンスト系のフリードリヒ3世賢侯(在位1486‐1525)がルターを支持し庇護したのに対し,アルベルト系のゲオルクGeorg der Bärtige(在位1500‐39)はそれに反対し,彼の死後はじめて同系の支配領域にも改革が導入された。また,エルンスト系が遺領分割を通じていっそう細分化していったのに対し,アルベルト系は逆にその領土を拡大することができた。…

※「ゲオルク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ゲオルクの関連キーワード能阿弥桜島世界のタイヤ市場勝興寺能阿弥マロリー吉崎御坊加賀一向一揆金沢[市]東常縁

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゲオルクの関連情報