ゲオルゲ派(読み)ゲオルゲは(英語表記)George‐Kreis

  • ゲオルゲ派 GeorgeKreis

世界大百科事典 第2版の解説

1890年代初めドイツにおいてゲオルゲ周囲に集まった詩人芸術家,学者サークル。ゲオルゲはやがて彼らの精神的指導者とみなされ,92年新感覚の精神的芸術を目指す雑誌《芸術草紙Blätter für die Kunst》を創刊,ゲオルゲ派の基礎が固まる(1919まで刊行)。参加者はホフマンスタール,ジェラルディPaul Gérardy,F.グンドルフ,L.クラーゲス等。派は閉鎖的エリート集団であったが,内部は当時の文学芸術思想に開かれ,独創討論のるつぼであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android