コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲオルゲ派 ゲオルゲはGeorge‐Kreis

世界大百科事典 第2版の解説

ゲオルゲは【ゲオルゲ派 George‐Kreis】

1890年代初めドイツにおいてゲオルゲの周囲に集まった詩人,芸術家,学者のサークル。ゲオルゲはやがて彼らの精神的指導者とみなされ,92年新感覚の精神的芸術を目指す雑誌《芸術草紙Blätter für die Kunst》を創刊,ゲオルゲ派の基礎が固まる(1919まで刊行)。参加者はホフマンスタール,ジェラルディPaul Gérardy,F.グンドルフ,L.クラーゲス等。派は閉鎖的エリート集団であったが,内部は当時の文学芸術思想に開かれ,独創と討論のるつぼであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゲオルゲ派の関連キーワードフリードリヒ グンドルフカール ヴォルフスケールシュテファン ゲオルゲマックス ダウテンダイマックス コメレルウォルフスケールボルヒャルトダウテンダイプラーテンベルトラム

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android