助広(読み)スケヒロ

百科事典マイペディアの解説

助広【すけひろ】

江戸時代の摂津の刀工津田氏,通称甚之丞。濤瀾乱(とうらんみだれ)と呼ばれるはなやかな刃文を創始し,当時,江戸の虎徹(こてつ)と並び称された。楷書(かいしょ)銘のある刀を角津田,晩年の草書銘のある刀を丸津田といい,特に丸津田が尊重される。父も助広を称し,〈そぼろ助広〉と呼ばれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

すけひろ【助広】

1637~1682) 江戸前期大坂の刀工。摂津の生まれ。津田氏。通称、甚之丞。越前守。初代ソボロ助広の養子となり、二代を継ぐ。後世類似工の多い濤乱刃という焼刃を創始した大坂新刀の第一人者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

助広
すけひろ
(1637―1682)

江戸初期の大坂の代表的刀匠。「そぼろ助広」の呼称のあった初代助広(河内守(かわちのかみ)国助の門人)の弟子で2代目。摂津国(大阪府)打出(うちで)村の出身で、1657年(明暦3)越前(えちぜん)守を受領(ずりょう)、67年(寛文7)大坂城代青山因幡(いなば)守に召し抱えられ、以後、津田の姓を加えて津田越前守助広を名のった。出藍(しゅつらん)の誉れ高く、井上真改(しんかい)と並んで大坂鍛刀界に覇を競った。華麗な作風で鍛は精緻(せいち)を極め、沸(にえ)深く明るく冴(さ)え、刃文は初めに丁子(ちょうじ)を得意とし、のちに新たに濤瀾刃(とうらんば)を創始して一世を風靡(ふうび)した。直刃(すぐは)もすこぶる上手で、刀身彫刻は極めてまれである。作風は養子の近江守(おうみのかみ)助直(すけなお)をはじめ、越後守(えちごのかみ)包貞(かねさだ)、一竿子忠綱(いっかんしただつな)らに影響を与えた。[小笠原信夫]
『数田政治・森口隆次著『助広大鑑』(1980・光村推古書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android