ゲセル・ハン物語(読み)ゲセルハンものがたり

世界大百科事典 第2版の解説

ゲセルハンものがたり【ゲセル・ハン物語】

9世紀以降チベット北東部の遊牧チベット族の間で成立したとみられる英雄叙事詩。詩は25部から成り,そのおもな内容は,主人公のリン国の王ゲセルGeser(Gesar) khanの生い立ち,各種の妖魔鬼怪との戦い,北方のホル・ジャン諸国との戦い,チベット本土への救援活動,中国との戦いなどの物語である。16~17世紀ころからこの物語はチベット,青海,甘粛,四川,雲南,内モンゴルのチベット・モンゴル族区をはじめ,遠くラダック,ブータン,シッキム,外モンゴル,ザバイカル諸地方にまで伝播した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android