武勇(読み)ぶゆう

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「武勇」の解説

ぶゆう【武勇】

茨城の日本酒。酒名は、坂東武者気概を残した土地柄から、尚武の「」と初代当主の名・吉の「勇」を合わせて命名。純米大吟醸酒純米吟醸酒純米酒、大吟醸酒、吟醸酒、本醸造酒がある。平成4、5、9、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、五百万石、雄町、ひたちなど。仕込み水は鬼怒川水系の伏流水蔵元の「武勇」は慶応年間(1865~68)創業。所在地は結城市結城。

ぶゆう【武勇】

京都の日本酒。原料米は五百万石、日本晴。蔵元の「東和酒造」は江戸中期創業。所在地は福知山市字上野。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

精選版 日本国語大辞典「武勇」の解説

ぶ‐ゆう【武勇】

〘名〙 (形動) たけくいさましいこと。武術にすぐれ勇気があること。また、そのさま。勇武。ぶよう。
※家伝(760頃)上「武勇強断、膂力扛鼎、須予大事、但二人耳」
※保元(1220頃か)上「未だ武勇の名をおとさず」 〔史記‐淮陰侯伝〕

ぶ‐よう【武勇】

〘名〙 (「よう」は「勇」の漢音) =ぶゆう(武勇)
※色葉字類抄(1177‐81)「武勇 フヨウ
※仮名草子・浮世物語(1665頃)三「侍たる身は常々武勇(ブヨウ)を心に掛けて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android