コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲトライデ通り ゲトライデどおり

1件 の用語解説(ゲトライデ通りの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ゲトライデどおり【ゲトライデ通り】

オーストリア北西部、ドイツとの国境に近いザルツブルク州の州都ザルツブルク(Salzburg)屈指の繁華街。幅約3mの狭い通りの両側に、伝統的な鉄細工の店々で、異なる個性的な看板がある商店が軒を連ねる、中世の名残の漂う一角で、観光客にも人気のスポットとなっている。この看板は、文字の読めない人でも即座にわかる識別マークとしてつくられたといわれる。モーツァルト(1756~1791年)の生家は、この通りの9番地にある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲトライデ通りの関連キーワードオーストリア小ドイツ主義ベルヒテスガーデンオーストリア併合エアバルトクラニスカゴラボベツロイッテ子子家庭は波乱万丈/ドイツ、オーストリア旅物語ドイツ・オーストリア同盟

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone