コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲラサ Gerasa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲラサ
Gerasa

ヨルダンのアンマンの北方 37kmに位置する古代ローマの都市。クリュソロアナ河畔のアンチオキアと呼ばれた。現ジェラシュ。最初セレウコス朝の砦としてアンチオコス4世によって築かれたが,のちにハスモン (マカベア) 朝の手に落ちた。前 63年以後はローマ領シリア属州の都市として,またこの地方のデカポリス (10都市連合) の一つとして栄えた。砂漠周辺のオアシス都市として,ナバテア人らアラブ系隊商との交易により発展,2世紀に絶頂期を迎えた。当時の面影は現在も残る列柱付き大通り,アルテミス神殿,アーチ,競技場,泉水殿,劇場,広場などの石造建物群によって知ることができる。キリスト教時代にも多くの聖堂が建てられた。しかし 614年のササン朝ペルシアの侵入,635年のイスラム教徒による占領,746年の地震などによって衰亡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゲラサの関連キーワードトランスヨルダン新ピタゴラス学派ヨルダン(国)ニコマコス調和

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android