コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲリジム山 ゲリジムさんMount Gerizim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲリジム山
ゲリジムさん
Mount Gerizim

アラビア語ではジャバルアットゥール (山の山の意) 。パレスチナ地方中部のサマリア地方,聖書のシケムの遺跡に比定されているナーブルスの南に位置する。標高 881m,北方に渓谷でへだてられたエバル山 (940m) と双子山となっている。ヨルダン領であったが,1967年以降,イスラエル占領の西岸地方に属している。古くから軍事的な要衝であり,また旧約聖書では神の声が聞ける場所とされた。バビロン捕囚以後サマリア地方に出現したサマリア人が前4世紀頃山上に神殿を建立。彼らはモーセの五書のみを聖書とし独自の信徒集団と儀式を維持した。サマリア人の集団は現在もナーブルス周辺にみられるが,ゲリジム山の頂上はイスラム教徒の墓域となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゲリジム山の関連キーワードモリア

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android