コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲルシューニ Grigorii Andreevich Gershuni

1件 の用語解説(ゲルシューニの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゲルシューニ【Grigorii Andreevich Gershuni】

1870‐1908
ロシアの革命家。エス・エル党の指導者。リトアニアのコブノ県出身のユダヤ人薬剤師で,エス・エル党の結党に参画し,テロリズムの手段を用いる同党戦闘団を組織し,その指導者となる。1903年5月逮捕され,終身刑に処せられたが,06年東シベリアのアカトゥイ監獄から脱走,日本そしてヨーロッパへ渡った。ほどなくして病死。V.M.チェルノフは,彼のことを〈われわれの戦闘指揮官〉〈司令官〉とよんでいる。【和田 春樹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のゲルシューニの言及

【エス・エル党】より

…1890年代の末,革命的ナロードニキ運動の伝統を新状況の中で再生させようとする人々が〈社会主義者・革命家〉,略称エス・エル(SR)と名のりはじめた。その中でテロルの復権をめざすアルグノフAndrei Aleksandrovich Argunov(1866‐1939)らのエス・エル同盟と,農民工作も否定せず,組織の結集をめざしていた初期エス・エル党とが1901年12月国外でのゲルシューニ,セリュークMariya Frolovna Selyuk(1872‐?),アゼフらの協議により合同を決め,これに亡命者たちが加わり,党が生まれた。党の機関誌《革命ロシア》の編集部にはチェルノフとゴーツMikhail Rafalovich Gots(1866‐1906)が入った。…

※「ゲルシューニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゲルシューニの関連キーワードサビンコフトロツキーバクーニンブランキプレハーノフマルトフラッセルレーニン革命家虚無党

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone