コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲレロ州 ゲレロGuerrero

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲレロ〔州〕
ゲレロ
Guerrero

メキシコ南部,太平洋に面する州。州都チルパンシンゴ。太平洋岸の狭い海岸平野を除くと大部分が南マドレ山脈から成り,北部にメキシコ高原の南斜面をなす山地を含む。主要河川はバルサス川で,南マドレ山脈北麓に沿って西流したのち,南に転じて太平洋に注ぐ。山間の谷は一般に狭いが,肥沃で森林におおわれる。気候は沿岸部および川沿いの低地では熱帯性であるが,山地では温帯性で快適。主産業は農業 (ワタ,コーヒータバコ,穀物) ,林業,鉱業 (銀,金,水銀,鉛,鉄) 。鉄道網は未発達であるが,道路網は比較的よく発達し,メキシコ市から南に延びる幹線道路が州都を経て太平洋岸の主要港アカプルコまで通じている。面積6万 4281km2。人口 262万 2067 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゲレロ州の関連情報