コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コアフ coiffe

世界大百科事典 第2版の解説

コアフ【coiffe】

フランスのブルターニュ地方で使われている女性のかぶりもの。もともと強い風や日焼けを防ぐために中世以来用いられてきた。リボン状の布を髪に直接編みこんだものから,ししゅうやドローン・ワークを施したハンカチーフ,手拭状の布を着けるようになり,形も大きく高くなり,しだいに実用から装飾的なものへと変化していった。現代では祭りの日に多く見られるが,ポンラベ,カンペールの村々などでは日常にも着用されている。【松本 敏子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

コアフの関連キーワードウルトラマンネクサス アンファンス帽子(ぼうし)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android