コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンカチーフ ハンカチーフ handkerchief

翻訳|handkerchief

6件 の用語解説(ハンカチーフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンカチーフ
ハンカチーフ
handkerchief

手や顔をふいたり,装身具として用いる小型の布。 hand (手) と kerchief (頭にかぶる布) の複合語。中世末期,従来頭にかぶっていたカーチフを装飾的に手に持つようになり,16世紀にはこれをポケットハンカチーフと呼び,純然たるアクセサリーとしてポケットからのぞかせたり,手に持った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ハンカチーフ(handkerchief)

手をふいたり、装飾に用いたりする小形の四角い布。木綿・麻・絹などを用い、レースや刺繍(ししゅう)をしたものもある。ハンカチハンケチ 夏》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハンカチーフ

実用と装飾を兼ねた手ふき布。本来は実用品であったが,中世には一種の装飾品となり,豪華な飾りをつけたものや,三角形,卵形など変わった形のものも現れた。現在では実用的な木綿や麻が多いが,礼装用の胸ポケット用は絹が用いられる。
→関連項目手ぬぐい(拭)バンダナ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ハンカチーフ【handkerchief】

日本ではおもに手ふきとして,欧米ではおもに鼻ふきとして実用され,また装飾品としても用いられる方形の小布。日本では略してハンカチ,ハンケチと呼ばれることが多く,手巾(しゆきん)ともいう。ローマ帝政時代に顔をふいたり手に持ったりしたスダリウムや,食事の際に手をふいたマッパが起源と考えられている。これらは,競技のスタート合図に振ったり,教会で僧が手に持つなど,儀式的な用い方もされた。ルネサンスのころからイタリアで装飾品として流行しはじめ,16世紀に上流階級の間で盛んに用いられるようになって,ハンカチーフの称も生まれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ハンカチーフ【handkerchief】

正方形で小形の手ふき。ハンカチ。ハンケチ。 [季] 夏。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハンカチーフ
はんかちーふ
handkerchief

小形で四角な手ふき布。手巾(しゅきん)。日本ではハンカチ、ハンケチと略称されている。手や汗ふきなどの実用目的のものと、装飾用のものとがある。現代では、男子上衣の胸ポケット用のものは純然たる装飾用だが、その他のものは装飾性の多少を問わず実用にも供され、使わないときはポケットやハンドバッグの中にしまい込まれている。用途に応じて材質やサイズはさまざまで、礼装、おしゃれ用の純然たる装飾用には絹や麻地が、実用向きには吸湿性のよい麻や木綿や、これらと合繊の混紡地が使われる。数量的には木綿が圧倒的に多い。とくにローンなど、経(たて)糸と緯(よこ)糸の太さがあまり異ならない平織地が多く使われ、実用本位のものにはガーゼやタオル地のものもある。サイズは種々あるが、一般的に男子用は40センチメートル四方以上、女子用は30センチメートル内外で、ガーゼやタオル地のものは、やや小形が多い。白や色無地のほか、さまざまな織り模様入り、プリント、刺しゅう、ドロンワーク、レースなどの装飾が施されたものも多い。
 語源には諸説あるが、次の説が有名である。婦人の頭にかぶられていた四角い布、カーチーフkerchiefが、中世末期に上流の人々の間で装飾として手に持たれるようになり、16世紀になると、用途上のことばの分化がおこり、ネックやポケットの語がつけられて、ネッカチーフneckerchief、ポケットハンカチーフpockethandkerchiefなどの語が発生した。この、ポケットハンカチーフから発展したのが今日のハンカチーフと考えられる。
 16世紀のものは豪華、装飾的で、絹やリネン地にみごとなレースや刺しゅうを豊富に施し、なかには宝石や房飾りのついたものまでみられる。形も四角に限らず、円、楕円(だえん)形など、さまざまなものがあった。これらは扇や手袋と同等な、服装の一部をなす重要なアクセサリーであり、純然たる装飾用であった。この流行は男子にも及び、17~18世紀には、男子の長上衣ジュストコールのポケットから装飾的にのぞかせていた。今日の胸ポケットのハンカチーフは、この名残(なごり)かと思われる。実用に供されるものはナプキンnapkinと称して区別した。スコットランドなどに、いまなお、この呼称が残っている地方がある。実用本位のハンカチーフに相当するものは、古代エジプトにも存在し、ギリシア・ローマ時代には、顔をふいたり、当時、手づかみであった食事に際して、手をふいたりする布片が存在し、マッパmappaとよんでいた。また、極端に豪華な装飾用ハンカチーフの流行は、19世紀中ごろまで続いたのち廃れた。[田中俊子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハンカチーフの関連キーワードウズラマーマレードタイド主にオモニ硝化菌オキシクリーン心では重すぎるドマル センシティブドマル ソフナー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハンカチーフの関連情報