コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コアントロー 〈フランス〉Cointreau

デジタル大辞泉の解説

コアントロー(〈フランス〉Cointreau)

《「コワントロー」とも》オレンジの皮や葉などで風味をつけたキュラソーカクテルやデザートに用いる。創製者の名にちなむ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

コアントロー

 フランス産のリキュールの一つの商品名.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

コアントロー【Cointreau】

キュラソーの一種。食後酒のほか、健胃薬としても用いられる。商標名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

飲み物がわかる辞典の解説

コアントロー【Cointreau(フランス)】


フランスのコアントロー社が製造するトリプルセックの商標名。スイートオレンジとビターオレンジを配合し、独特の芳香とまろやかな甘さがある。アルコール度数は40度。◇1849年、西部の古都アンジェでアドルフ・コアントローとエドアール・ジャン・コアントローの兄弟が地元の果物を用いた蒸留酒の製造を開始。甘みを抑えたホワイトキュラソーを考案し、「3倍辛い」という意の「『トリプルセック(triple sec(フランス))』キュラソー」と銘打って販売、好評を博した。1875年、エドアール・ジャンの息子エドアールが、それまで使用していた地元産のスイートオレンジに加えてキュラソー島産のビターオレンジを用い、さらに甘みを抑えた現在のものに近い製法を採用。すでに他社が追随して同様の商品を「トリプルセック」として販売するようになっていたため、このときのラベルは「コアントロー社特製トリプルセック」とし、エドアールの息子アンドレの代には「トリプルセック」を外し、「コアントロー」を商標名としてこんにちに至る。

出典|講談社飲み物がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内のコアントローの言及

【キュラソー】より

…オレンジ色のオレンジキュラソーと無色のホワイトキュラソーが代表的なものであるが,ほかに褐色,青色などのものもあり,いずれもカクテルや洋菓子に多く使われる。キュラソーの名酒とされるコアントローは,19世紀半ばにフランスのコアントローCointreau兄弟によって創製され,トリプルセック(3倍ドライの意)の名で発売されたが,非常な好評でトリプルセックを名のる類似品が続出したため,第2次世界大戦後コアントローと名を改めた。アルコール分40%。…

※「コアントロー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コアントローの関連キーワードサイドカー(カクテル)フローズンマルガリータホワイトレディマルガリータサイドカー健胃薬

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コアントローの関連情報