コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コイサン語系諸族 コイサンごけいしょぞくKhoisans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コイサン語系諸族
コイサンごけいしょぞく
Khoisans

南アフリカ共和国,ナミビアを中心に住むコイ族サン族の総称。かつてはそれぞれホッテントット,ブッシュマンの蔑称で呼ばれた。この2つの集団は,形質,言語,文化的に類縁性を示し,近隣のバンツー語系諸族とは著しく異なる。身長はかなり低く,黄褐色で皺がちの皮膚,暗色の毬状毛,脂臀,引延ばされた小陰唇などを特徴とする。コイサン語は,クリックと呼ばれる特徴的な吸着音をはじめ共通特性をもっているが,他民族にもみられ,下位語群の類縁関係は明らかでない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android