コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コイチー(会稽)山 コイチーさんGuiji shan

1件 の用語解説(コイチー(会稽)山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コイチー(会稽)山
コイチーさん
Guiji shan

中国東部,チョーチヤン (浙江) 省中央部にある山地。『史記』では,夏の禹王が水を治めたあとこの地に諸侯を集めて功績者を賞したことを,山名の由来としている。さらに,禹王はこのあと病を得て崩じ,山麓に葬られたとあり,北麓のシャオシン (紹興) 県には大禹陵と廟がある。また山頂には越王勾践が呉王夫差に敗れたのち住んだと伝えられる越王城の跡がある。山腹ではクワと茶が栽培される。北部には埋蔵量の豊富なリーチュー (漓渚) 鉄山があり,南部のチューチー (諸曁) 県では蛍石が採掘される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone