コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウパボーグル Kópavogur

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コウパボーグル
こうぱぼーぐる
Kpavogur

アイスランド南西部、首都レイキャビークの南に連なる新興住宅都市。首都の発展に伴い、その衛星都市として1960年代に生まれ、人口2万3518(2000)と、同島第二の都市に成長した。地名の意味は「若いアザラシの入り江」。整然とゆったり配置されたコンクリート住宅群や丘の上にそびえる超近代的な白い教会が美しい。首都との間に定期バスが走る。[浅井辰郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android