コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウボウムギ(弘法麦) コウボウムギCarex kobomugi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コウボウムギ(弘法麦)
コウボウムギ
Carex kobomugi

カヤツリグサ科の多年草。北海道から九州までの海浜砂地に生じる。根茎は砂中を横走し,木質化して紫黒色になる。葉は線形で長さ 20~30cm,幅5~8mm。晩春から夏にかけて,3稜のあるが直立し,その頂端に大きな花穂をつける。古い根茎を掘ると節に葉鞘部が残っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コウボウムギ(弘法麦)の関連キーワードカヤツリグサ科

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android