コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コオビフォラ遺跡 コオビフォラいせきKoobi Fora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コオビフォラ遺跡
コオビフォラいせき
Koobi Fora

ケニアの北部,トゥルカナ湖東岸に位置する猿人化石の包含地。年代は鮮新世から更新世(約 400万~70万年前)にわたる。地層は多数の火山灰層を含み,それぞれの降灰年代がカリウム・アルゴン法によって測定されている。1975年以降,リチャード・リーキーらによってヒト科の化石が多数発見された。それらの年代は約 200万~140万年前にわたっており,アウストラロピテクス属とホモ属の両方が含まれている。また,オルドワン型の石器も出土している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android