コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コケ類 コケるいBryophyta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コケ類
コケるい
Bryophyta

蘚苔 (せんたい) 類ともいう。シダ類と最も類縁関係が深いが,シダ類に比して無性世代 (造胞世代) は発達せず,有性世代 (配偶世代) のほうが発達している。n核相の有性世代は,スギゴケゼニゴケにみられるような茎としての中軸の発達が悪い形態を有しているが,2n核相の無性世代は,雌性の個体上に生じた造卵器 archegoniumで受精した卵が,その場で分裂生長して生じるので,有性世代に寄生したような形をとる。このような造卵器はシダ類のものとまったく相同である。ゼニゴケ類,クロゴケ類,スギゴケ類,ミズゴケ類などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コケ類の関連キーワードカヅノゴケ(鹿角苔)マリゴケ(毬蘚)白膠木の耳五倍子フクロウオウムコガラ(小雀)ツンドラ気候シャクシゴケジャコウウシカワゴケソウ無胞子生殖吉永 虎馬ウサギゴケ着生コケ類ピートモスセンタイ類キナバル山コバネガ極地植物南極大陸鳳来寺山

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コケ類の関連情報