コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッカレル Charles Robert Cockerell

世界大百科事典 第2版の解説

コッカレル【Charles Robert Cockerell】

1788‐1863
イギリスの建築家,考古学者。R.スマークの弟子となった後,グランド・ツアーにでてギリシア小アジア,イタリアで古典建築を研究し,アイギナ島,バッサイなどの諸神殿の発掘で国際的に知られた。古典様式への深い造詣,ギリシア彫刻の力強さへの共感に基づく作風で,アシュモリアン美術館(オックスフォード,1845),イングランド銀行(リバプール,1849)を設計。晩年,ローヤル・アカデミーで建築を講じ,イギリス建築家協会会長も務めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコッカレルの言及

【オックスフォード大学】より

…クイーンズ学寮の玄関門(1738)は,N.ホークスムアの作で,吹放しドームを戴き,後期ルネサンスの傑作とされる。創設時のアシュモリアン博物館はウッドThomas Woodの設計だが,現在の建物はC.R.コッカレルによって新古典主義様式で完成された(1845)。【藤本 康雄】。…

【ギリシア美術】より

…18世紀末には,それまで関心の対象にならなかったギリシア陶器(当時はエトルリア陶器と考えられていた)の収集が,ナポリ駐在のイギリス外交官ハミルトンW.Hamilton卿によって始められた。19世紀初めイギリス外交官エルギン卿はパルテノンの彫刻を中心に大量の大理石作品を母国に運び(エルギン・マーブルズ),イギリスの建築家コッカレルらはアイギナ島のアファイア神殿やバッサイのアポロン神殿を発掘調査し,その装飾彫刻をすべて持ち去った。古代美術品の国外持出しが禁止されたのは,1830年ころ,ギリシアが激しい解放戦争のすえオスマン・トルコの支配を脱してから後のことである。…

【ケンブリッジ大学】より

…ペンブローク学寮の礼拝堂(1663)はC.レンの最初の建築作品である。学寮共用の施設としては,1722年J.ギブズ設計になる古典主義様式の大学評議員会館のほか,ベースビーGeorge BaseviとC.R.コッカレルによるコリント式列柱正面をもつ古典主義様式のフィッツウィリアム博物館(1837‐47)などが優れる。【藤本 康雄】。…

※「コッカレル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コッカレルの関連キーワードローヤル・アカデミーホバークラフトスマークギル

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android