コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コックス日記 コックスにっき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コックス日記
コックスにっき

イギリス人 R.コックスが平戸商館長在任中に記した英文自筆の公務日記で,1615年6月1日から 19年1月 14日までと 20年 12月5日から 22年3月 24日まで (いずれも旧暦で原文のまま) の2冊が大英図書館に残っている。 1883年大英博物館のトムソン抄本が刊行され,89年村上直次郎によるその増補版が刊行されて以来,江戸時代初期日欧交渉史の重要史料として珍重されている。 1978~80年には原本の完全な複刻と邦訳が『イギリス商館長日記』として東京大学史料編纂所により『日本関係海外史料』に収録,刊行された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コックス日記の関連キーワード村上 直次郎イギリス人

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android