コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抄本/鈔本 ショウホン

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ほん〔セウ‐〕【抄本/×鈔本】

原本のある一部分を書き抜いたもの。「源氏物語の―」
歌集や漢籍の注釈書。
(抄本)原本となる書類の一部を抜粋した文書。戸籍抄本登記簿抄本など。→謄本

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょうほん【抄本】

原本の内容の一部を写したもので,原本のうち必要部分の内容を証明するために作られる書面。戸籍抄本(戸籍法10条),登記簿本(不動産登記法21条,21条の2,商業登記法11条),訴訟記録の抄本(民事訴訟法91条3項)などがその例である。謄本が原本の内容の全部を証明するために作成されるのに対し,抄本はその内容の一部を証明するために作成される点で両者は異なるが,その他の点については,抄本も謄本とほぼ同様である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうほん【抄本】

一部を抜き書きした書物。
書類の一部を書き抜いたもの。戸籍抄本など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

抄本
しょうほん

原本の内容の一部のみを写した文書をいう。抄録謄本の略。通常は、公務員が原本に基づいて職務上作成したものをさし、さらに、写した部分の内容が原本と相違ない旨を公証する文言が付記される場合が多い。これを認証ある抄本という。戸籍抄本(戸籍法10条・10条の2)、登記簿等の抄本(不動産登記法119条~121条)、訴訟記録の抄本(民事訴訟法91条)などがその例である。木敬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

抄本/鈔本の関連キーワードクセノフォン(古代ギリシア作家)イブン・ファドラーン戸籍謄本/戸籍抄本日本国見在書目録豊後国風土記抜き本・抜本指導要録輿地誌略扶桑略記歌経標式平めかす揺ららか貞信公記戸籍謄本端張る時禱書園太暦心悪し身褒め吉口伝

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android