コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッゲ船 コッゲせんKogge

世界大百科事典 第2版の解説

コッゲせん【コッゲ船 Kogge】

中世ヨーロッパの海上通商で使用された各種船舶の一つで,北方のハンザ貿易でひろく用いられ,その主力船種となった。コグ船cogともよばれる。12世紀にすでに発生し,15世紀まで使用され続けるが,13~14世紀,つまりハンザ同盟隆昌・全盛期が同時にコッゲ船の最盛期であった。外観上は,基本的には,1本マスト,高い甲板,船幅の広いことを特徴とする。木造帆船ではあるが,商業復活に伴う中世造船技術の進歩を反映し,中世初期の船舶に比し航洋性高く積載能力も大きい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコッゲ船の言及

【水運】より

…穀物,材木,毛織物,塩,魚,毛皮などが大量に輸送されたが,地中海の場合に比べて奢侈品の割合が低かったとされている。北海の荒波に耐える頑丈な構造,高い舷側と船尾舵をもつハンザのコッゲ船が活躍した。13世紀末にそれまでモロッコのイスラム勢力の支配下にあったジブラルタル海峡がキリスト教徒側の手に落ち,地中海と北海を結ぶ航路が成立した。…

※「コッゲ船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android