コップの中の嵐(読み)コップノナカノアラシ

デジタル大辞泉の解説

コップの中(なか)の嵐(あらし)

《W=B=バーナードの劇の題名Storm in a Teacupから》当事者には大事(おおごと)でも、他にあまり影響せずに終わってしまうもめごと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

コップのなかのあらし【コップの中の嵐】

〔 W = B =バーナード作の劇の題名による〕
仲間うちだけの、外部には大した影響を及ぼさないもめごと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

コップ の 中(なか)の嵐(あらし)

(W=B=バーナード作の劇の題名 Storm in a Teacup による) 当事者どうしは勢いこんでいる争いやもめごとが、狭い範囲にしか影響を与えないで終わってしまうことのたとえ。内輪もめ。
※新西洋事情(1975)〈深田祐介〉鎮魂・モスクワ郊外六十キロ「私の旧友Tはコップのなかの嵐とさえもいえないような、小さい日本人社会の、しがない『おかあちゃん』たちの取るに足らぬ思惑を気にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コップの中の嵐の関連情報