深田祐介(読み)ふかだ ゆうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「深田祐介」の解説

深田祐介 ふかだ-ゆうすけ

1931-2014 昭和後期-平成時代の小説家,評論家。
昭和6年7月15日生まれ。35年日本航空に入社し,ロンドン駐在員,広報室次長をつとめる。51年「新西洋事情」で大宅壮一ノンフィクション賞,57年「炎熱商人」で直木賞。58年退社し,作家生活にはいる。国際化時代のビジネスマンをえがいた作品がおおい。平成26年7月14日死去。82歳。東京出身。早大卒。本名は雄輔。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「深田祐介」の解説

ふかだ‐ゆうすけ〔‐イウすけ〕【深田祐介】

[1931~2014]小説家・評論家。東京の生まれ。本名、雄輔(ゆうすけ)。航空会社に勤務し、長期にわたる海外生活を体験する。国際社会の中でカルチャーショックにさらされながら生きる日本人サラリーマンを描き、ノンフィクションやエッセーを中心に人気を集める。「炎熱商人」で直木賞受賞。他に「空港」「新西洋事情」「スチュワーデス物語」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android