コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎮魂 タマシズメ

デジタル大辞泉の解説

たま‐しずめ〔‐しづめ〕【魂】

魂を落ち着かせ鎮めること。ちんこん。
鎮魂の祭」の略。

ちん‐こん【鎮魂】

[名](スル)
死者の霊魂を慰めしずめること。「戦死者を鎮魂する儀式」
体内にある霊魂をしずめること。たましずめ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たましずめ【鎮魂】

遊離した、また遊離しようとする魂を鎮め、肉体につなぎ止める祭儀。広義には「たまふり(魂振)」の意にもいう。みたましずめ。 → 鎮魂ちんこん
「鎮魂祭たましずめのまつり」の略。

ちんこん【鎮魂】

( 名 ) スル
死者の魂をなぐさめ、しずめること。
たましずめ(鎮魂) 」に同じ。

みたましずめ【鎮魂】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の鎮魂の言及

【祟り】より

… 以上からもわかるように,祟り霊はその規模のいかんを問わず祭祀や祈禱によって鎮められるとの観念が生みだされた。つまり祟りと鎮魂との相関が意識されることになったのであるが,それは全体として閉鎖的な社会・政治環境における精神病理的な現象であったと考えることができる。ところで,このような祟りと鎮魂のメカニズムは,道真の事例においてみられるように,それ以降の日本の政治史にもしばしば現れるようになった。…

【霊魂】より

…ところで仏教は原則として,その無我説の立場から霊魂の存在を説かなかったが,浄土教思想の勃興とともに,死後における往生の主体の問題が提起され,それをめぐってやがて霊魂の存在を暗に認める立場をとるようになった。日本では古く霊魂のことを〈たま〉といい,〈たまふり〉や〈たましずめ〉などの鎮魂儀礼が重要視された。それは遊離しやすい状態の〈たま〉を身体につなぎとめるための呪術であったが,他方,遊離した〈たま〉はときに怨念を含む御霊(ごりよう)や物の怪(け)に変貌して,生きている者に危害を加えると信じられた。…

※「鎮魂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鎮魂の関連キーワードモーツァルト(ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト)「鎮魂の碑」「戦没野球人モニュメント」イクムスビノカミ(生産霊神)神戸ルミナリエ田中 治吾平シャマニズム大和舞・倭舞おわら風の盆比婆荒神神楽レクイエム田中治吾平天の岩屋戸平野 善計御霊振り入沢康夫たまふり天鈿女命鎮魂の歌八木義徳ブリテン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鎮魂の関連情報