コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッホ現象 Koch's phenomenon

1件 の用語解説(コッホ現象の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

コッホ現象【Koch's phenomenon】

結核菌に感染させておいたモルモットに,結核菌を皮内再注射すると,注射部位の皮膚は壊死に陥り表層性潰瘍を形成する.潰瘍は速やかに治癒し,局所性リンパ節感染は遅延する.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

世界大百科事典内のコッホ現象の言及

【アレルギー】より

…同年R.コッホは,健康なモルモットの皮下に結核菌を注射すると,1~2週間後にその局所に結節ができ,次いで潰瘍になり,死ぬまで治らないが,結核菌の感染を受けているモルモットでは1~2日後に硬結ができ,やがて潰瘍になるが,しかしこの潰瘍は急速に治ってしまうことを発見した。これは現在コッホ現象と呼ばれているが,初感染の場合と再感染の場合とでは生体の反応が異なり,再感染では抵抗がたかまった反応を示すためである。1902年,フランスのリシェCharles R.Richet(1850‐1935)とポルティエPaul Portier(1866‐1962)は,イソギンチャクの毒素の研究をしているうちに,初めに少量の毒素をイヌに注射しても死なないが,その結果イヌは毒素に対して非常に過敏になり,その後はごくわずかな量の毒素を注射しても,呼吸困難,下痢,下血などの激しい症状を起こして死亡することを見いだした。…

※「コッホ現象」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone