コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コツブタケ(小粒茸) コツブタケPisolithus tinctorius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コツブタケ(小粒茸)
コツブタケ
Pisolithus tinctorius

担子菌類腹菌類ニセショウロ科のキノコ。夏秋の頃,マツ林の砂地に半地下生に生じる。子実体は径2~4cm,亜球形または洋ナシ形。初め暗黄色ないし暗帯赤黄色,のちに褐色ないし黒色となる。通常基部は太い柄状になり,下端にはよく分岐した暗褐色菌糸束をもっている。表皮は厚いがのちに破れて内部から黄色の膜に包まれた1~3mmの小塊粒が出てくる。この小塊粒中に胞子を生じるので,初めは白色であるが,胞子が熟すると褐色ないし黒色になる。日本では本州,北海道に知られ,北アメリカ,ヨーロッパ,オーストラリアにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android