コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コツブタケ(小粒茸) コツブタケ Pisolithus tinctorius

1件 の用語解説(コツブタケ(小粒茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コツブタケ(小粒茸)
コツブタケ
Pisolithus tinctorius

担子菌類腹菌類ニセショウロ科のキノコ。夏秋の頃,マツ林の砂地に半地下生に生じる。子実体は径2~4cm,亜球形または洋ナシ形。初め暗黄色ないし暗帯赤黄色,のちに褐色ないし黒色となる。通常基部は太い柄状になり,下端にはよく分岐した暗褐色の菌糸束をもっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コツブタケ(小粒茸)の関連キーワード担子菌類松露担子器黄占地贋松露キノコツチグリチャダイゴケ半担子菌類

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone