コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コバールシール Kovar seal

1件 の用語解説(コバールシールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コバールシール【Kovar seal】

ガラスに金属を封入(シール)する方法で,硬質ガラスと熱膨張特性がほとんど同じのコバールが利用される。コバールKovarとは,ニッケルコバルトおよび鉄からなる合金の商品名で,アメリカウェスティングハウス社が市販している。ゼネラルエレクトリック社でもフェルニコFernicoと呼び市販している。これらの合金を用いてつくった線材や管は硬質ガラスに封入したり,接触させたりすることができ,金属とガラスをつなぐのに便利な金属材料で,電子管材料等に広く用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コバールシールの関連キーワード水銀灯鍛接封筒硬質ガラス着色ガラスガラス固化体インパルスシール三方シールバキュームシールキャップヒートシール法

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone