コバールシール(英語表記)Kovar seal

世界大百科事典 第2版の解説

コバールシール【Kovar seal】

ガラスに金属封入(シール)する方法で,硬質ガラスと熱膨張特性がほとんど同じのコバールが利用される。コバールKovarとは,ニッケル,コバルトおよび鉄からなる合金の商品名で,アメリカのウェスティングハウス社が市販している。ゼネラル・エレクトリック社でもフェルニコFernicoと呼び市販している。これらの合金を用いてつくった線材は硬質ガラスに入したり,接触させたりすることができ,金属とガラスをつなぐのに便利な金属材料で,電子管材料等に広く用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android