コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コバールシール Kovar seal

世界大百科事典 第2版の解説

コバールシール【Kovar seal】

ガラスに金属を封入(シール)する方法で,硬質ガラスと熱膨張特性がほとんど同じのコバールが利用される。コバールKovarとは,ニッケル,コバルトおよび鉄からなる合金の商品名で,アメリカのウェスティングハウス社が市販している。ゼネラル・エレクトリック社でもフェルニコFernicoと呼び市販している。これらの合金を用いてつくった線材や管は硬質ガラスに封入したり,接触させたりすることができ,金属とガラスをつなぐのに便利な金属材料で,電子管材料等に広く用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android