コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井口 いのくち

3件 の用語解説(井口の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

井口
いのくち

富山県南西部,南砺市北東部の旧村域。赤祖父山西斜面,砺波平野の南部にある。 1889年村制。 2004年城端町,村,上平村,利賀村,井波町,福野町,福光町と合体して南砺市となった。山地にはブナの原生林があり,スギの植林が盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いのくち【井口】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井口
いのくち

富山県南西部、東礪波(となみ)郡にあった旧村名(井口村(むら))。現在は南砺(なんと)市の北部を占める一地区。2004年(平成16)東礪波郡城端(じょうはな)町、井波(いなみ)町、福野(ふくの)町、平(たいら)村、上平(かみたいら)村、利賀(とが)村、西礪波郡福光(ふくみつ)町と合併、市制を施行して南砺市となる。旧村域は、高清水(たかしょうず)断層崖(がい)を侵食した赤祖父(あかそふ)川などの複合扇状地を占める農村地帯。面積の65%は山地で、耕地は北側に広がる。平安中期に井口氏が居住し、鎌倉時代の越中(えっちゅう)武士団はその後裔(こうえい)といわれる。戦国時代に今村氏(井口氏の子孫)がいた井口城が落城、以来再興されなかった。赤祖父湖は赤祖父川上流にある農業用溜池で、1945年(昭和20)完成、貯水量76万トン。赤祖父山はブナの原生林で知られ、中腹にはフクジュソウの自生地がある。[深井三郎]
『『井口村史』全2巻(1992~1995・井口村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井口の関連キーワード富山県南砺市井口富山県南砺市入谷富山県南砺市川上中富山県南砺市北市富山県南砺市北川富山県南砺市北新町富山県南砺市北野富山県南砺市高瀬富山県南砺市苗島富山県南砺市やかた

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

井口の関連情報