コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コベントガーデン コベントガーデンCovent Garden

翻訳|Covent Garden

2件 の用語解説(コベントガーデンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コベントガーデン
Covent Garden

イギリスイングランド南東部,ロンドンの中心部にある小地区。ロンドン市(シティ)の西方,ウェストミンスター東端部に位置する。名称は「修道院の庭」の意で,ウェストミンスター寺院の所領であったことに由来する。ロイヤル・オペラ・ハウスのコベントガーデン劇場があるほか,1670年以来の大規模な青果・花卉市場があることで知られていたが,この市場は 1974年テムズ川南岸のナインエルムズに移転し,跡地は大規模なショッピングセンターとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コベント‐ガーデン(Covent Garden)

英国の首都ロンドン中心部の一地区。13世紀にウエストミンスター寺院所有の菜園があった場所で、1974年まで青果物市場が置かれた。市場跡地はショッピングセンターになっている。
にあるロイヤルオペラハウス(王立歌劇場)の通称。1732年に建てられ、二度の焼失を経て現在の建物は1858年に完成。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コベントガーデンの関連情報