コベントガーデン(英語表記)Covent Garden

翻訳|Covent Garden

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「コベントガーデン」の解説

コベントガーデン
Covent Garden

イギリスイングランド南東部,ロンドンの中心部にある小地区。ロンドン市(シティ)の西方,ウェストミンスター東端部に位置する。名称は「修道院」ので,ウェストミンスター寺院所領であったことに由来する。ロイヤル・オペラ・ハウスコベントガーデン劇場があるほか,1670年以来の大規模な青果・花卉市場があることで知られていたが,この市場は 1974年テムズ川南岸のナインエルムズに移転し,跡地は大規模なショッピングセンターとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「コベントガーデン」の解説

コベント‐ガーデン(Covent Garden)

英国の首都ロンドン中心部の一地区。13世紀にウエストミンスター寺院所有の菜園があった場所で、1974年まで青果物市場が置かれた。市場跡地はショッピングセンターになっている。
にある王立歌劇場、ロイヤルオペラハウス通称。1732年に建てられ、二度の焼失を経て現在の建物は1858年に完成

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android