菜園(読み)サイエン

  • さいえん ‥ヱン
  • さいえん〔ヱン〕
  • さえん ‥ヱン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 野菜を栽培する畑。野菜畑。菜圃(さいほ)
※大光寺文書‐応安六年(1373)三月三日・日向大光寺住寺一撮掟書「付于同所菜園、自北山陵野南尾崎之田端
※中華若木詩抄(1520頃)下「一りの丈人の菜園をこしらへて、畦なんどを作て」 〔詩経‐斉風・東方未明〕
〘名〙 「さいえん(菜園)」の変化した語。
※玉塵抄(1563)五「これからしてはたけさえんなど心がけてひっこうでいもほりしてすぎうと云に学圃とかくぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の菜園の言及

【園芸】より

…果樹,野菜,観賞用植物などを資本と労力をかけて集約的に栽培することで,対象とする作物の種類によって,果樹園芸,野菜園芸,花卉(かき)園芸に分類される。また,生産物の販売を目的とする園芸を生産園芸,趣味として行う園芸を趣味園芸,または家庭園芸という。…

※「菜園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菜園の関連情報