コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コミットメントライン こみっとめんとらいん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コミットメントライン

企業と銀行が前もって借り入れ限度額を設定しておき、その限度額までは、企業が自由に銀行から借り入れられる、という契約。企業は、借入金に対する金利のほかに、契約時に手数料を払う必要がある。法律上、この手数料は金利として扱われるので、企業があまり借り入れを行なわなかった場合、高金利融資をしたことになり、銀行は法律に抵触する恐れがあった。しかし、1999年、「特定融資枠契約法」によって「一部のコミットメントラインに対してのみ手数料を利子とみなさない」という例外的な措置が認められ、現在では資本金3億円超の株式会社、特定目的会社であれば、自由にコミットメントラインを設定できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

コミットメントライン【commitment line】

企業が金融機関との間であらかじめ設定する融資枠。企業は枠内であれば、審査なしでいつでも融資を受けられるが、手数料を支払う。融資枠契約。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

コミットメントラインの関連キーワードタームローン融資枠契約