コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コライディングビーム コライディングビームcolliding beam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コライディングビーム
colliding beam

静止した標的粒子に加速した粒子を入射させる従来の加速器と異なり,標的粒子を入射粒子と反対方向に加速し,ほぼ正面衝突させることにより素粒子反応の実効的エネルギーを飛躍的に増加させた衝突粒子のビーム。従来の加速器では,質量 m の粒子の衝突において入射粒子のエネルギーが E であるとき,素粒子反応に有効なエネルギーは にすぎない。コライディングビームでは,加速された 2粒子のエネルギーの和がそっくり反応に効果を現す。コライディングビームによる電子対消滅実験や,陽子‐反陽子衝突実験は素粒子の相互作用の研究に重要な進展をもたらした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コライディングビームの関連キーワードチャーム対消滅

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android