コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コラーゲン分解酵素阻害蛋白 コラーゲンぶんかいこうそそがいたんぱくtissue inhibitor of metalloproteinase; TIMP

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コラーゲン分解酵素阻害蛋白
コラーゲンぶんかいこうそそがいたんぱく
tissue inhibitor of metalloproteinase; TIMP

コラーゲンを分解する酵素メタロプロテアーゼの酵素活性を阻害する物質。コラーゲンは皮膚,血管,骨など動物の結合組織を構成する主要蛋白質であり,生体内に広く分布している。コラーゲンの分解は,関節炎や癌,皮膚病変に関与していると考えられ,この分解を調節する因子である TIMPはこれら疾病の有効な治療薬になると期待される。イギリスのセルテック社では,TIMPの遺伝子をヒト組織より単離しクローン化することに成功している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android