コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コラールゴールドフィールズ Kolar Gold Fields

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コラールゴールドフィールズ
Kolar Gold Fields

インド南西部,カルナータカ州南東部にある金鉱山の中心町。バンガロールの東約 70kmに位置。金鉱は早くから知られていたが,1881年から大規模な採掘が行われ,町はこの時期に建設された。含金片岩層は平均 6kmの幅をもち,コラール県内を南北に約 65kmにわたって地中深く続く。採掘,精錬国営企業によって行われ,一時はインドの金産出量の 95%を占めたが,最近はふるわなくなっている。人口7万 2481 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コラールゴールドフィールズの関連キーワードコラール(インド)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android