コリウス(英語表記)〈ラテン〉Coleus

百科事典マイペディアの解説

コリウス

ニシキジソあるいはキンランジソとも。ジャワ原産といわれるシソ科の多年草。50〜80cmの高さになり,葉は卵形で毛としわがあり,紅・淡紅・紫・黄などの美しい斑紋,覆輪葉になるが,さらに葉の大きさ(大葉系,小葉系),形の変化(細葉,切れ葉)などが加わり,多くの園芸品種がある。日本では普通春まきの一年草として夏の花壇や鉢植に利用される。強いものはさし木でも容易にふやすことができ,温室内で越冬させる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コリウス
こりうす
[学]Coleus blumei Benth.

シソ科の不耐寒性多年草。和名ニシキジソ。オーストラリア、太平洋諸島からアフリカにかけての地域が原産。半低木状で、茎は四稜(しりょう)形。葉は対生し、卵形で鋸歯(きょし)があり、紫紅、紅、桃色などの模様が美しく、葉を観賞する。花はシソに似た穂状花序につき、淡藤(たんとう)色。葉は色、形とも変化に富む。また葉が小さく、茎がよく分枝して匍匐(ほふく)する品種(ヒメコリウスなど)もあるが、こうした品種は少ない。繁殖は実生(みしょう)と挿芽による。実生によるものはレインボー系(葉色は各種)、ケアフリー系(葉は長楕円(ちょうだえん)形で切れ込みが深い)の品種があり、挿芽によるものはイングリッシュイエロー、イングリッシュレッドなどの品種がある。鉢植えのほか半日陰の花壇などに広く利用する。
 播種(はしゅ)は4~5月とし、発芽には28℃以上を要する。挿芽は5~9月とし、容易に発根する。[鶴島久男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android