コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリウール Collioure

デジタル大辞泉の解説

コリウール(Collioure)

フランス南部、ラングドック‐ルシヨン地方、ピレネーゾリアンタル県の都市ペルピニャン近郊の、地中海に面する港町。20世紀初頭、画家アンリ=マチスアンドレ=ドランが訪れ、後に鮮やかな色彩を大胆に用いる「フォービスム」と呼ばれる流派が誕生する契機となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコリウールの言及

【ルーシヨン】より

…ペルピニャン周辺の海岸は早くから開けたところであるが,サン・シプリヤンでは新しいレジャー港と高層宿泊施設が建設され,アルジェレス海岸ではヨーロッパ・キャンピングセンターに毎夏20万~30万人が訪れる。ベルメイユ海岸では,ドラン,マティスなどの画家を引きつけたコリウールCollioureは中世の商港として栄え,砂浜と要塞式の城をもつ美しい入江である。その南バンドル港Port‐Vendresは17世紀末B.Le P.ボーバンにより軍港,要塞とされ発展した。…

※「コリウール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コリウールの関連キーワードアントニオ マチャードマティスの肖像マチスドラン

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コリウールの関連情報