コリャークスカヤソプカ火山(読み)コリャークスカヤソプカかざん(英語表記)vulkan Koryakskaya Sopka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コリャークスカヤソプカ火山
コリャークスカヤソプカかざん
vulkan Koryakskaya Sopka

ロシア東部,カムチャツカ半島南東部にある活火山。ペトロパブロフスクカムチャツキーの北 35kmにあり,標高 3456m。斜面に氷河がかかる。近年では 1895~96年,1956~57年に噴火したことが知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android