コルキス王国(読み)コルキスおうこく

世界大百科事典 第2版の解説

コルキスおうこく【コルキス王国】

コルキスKolchisは古代ギリシア人がグルジアの黒海南東岸を呼んだ名称で,グルジア語ではコルヒダ,自称はエグリシーEgrisiである。コルキス人はグルジア人の一種族で,この民族は前12世紀にアッシリアと戦ったと思われ,ワン湖岸のウラルトゥ碑文(前8世紀)には明らかにこの民族の名コルカが刻まれている。ギリシア人は前7世紀よりコルキスにディオスクリア(現,スフミ),ファシス(ポチ)などの植民市を建設し,70の別々の言葉を話すといわれたカフカス系の種族と交易を行った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコルキス王国の言及

【カフカス】より

… ザカフカス最初の国家はウラルトゥであった(前9~前6世紀)が,メディア,スキタイ連合軍に滅ぼされた。ギリシア人は古くから西グルジアに移住しており,前6世紀にはその影響下にコルキス(エグリシー)王国が成立した。アルメニアにはアケメネス朝とアレクサンドロス大王の宗主権下にエルバンド(オロンテス)朝王国が,前4世紀には東グルジアにイベリア王国が成立した。…

※「コルキス王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android