コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルドバの大モスク コルドバのだいモスクGreat Mosque of Córdoba

1件 の用語解説(コルドバの大モスクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルドバの大モスク
コルドバのだいモスク
Great Mosque of Córdoba

スペインのコルドバに遺存するモスク。通常メスキータ (モスクの意味) と呼ばれ,一時期,内部にキリスト教の礼拝堂が造られたりもしたが,広大な礼拝堂は,後ウマイヤ朝時代の面影を十分に残している。 787年頃アブドゥル・ラフマーン1世が創建した当初は,間口 11スパン (張間) ,奥行 12スパンの列柱式礼拝室が主体であったが,以後,ラフマーン2世,ハカム2世,ヒシャーム2世によって拡張された。総数 600本に及ぶ柱が赤,白縞文様の2段アーチを伴って林立する礼拝室は壮観である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone