コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルドバの大モスク コルドバのだいモスクGreat Mosque of Córdoba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルドバの大モスク
コルドバのだいモスク
Great Mosque of Córdoba

スペインのコルドバに遺存するモスク。通常メスキータ (モスクの意味) と呼ばれ,一時期,内部にキリスト教礼拝堂が造られたりもしたが,広大な礼拝堂は,後ウマイヤ朝時代の面影を十分に残している。 787年頃アブドゥル・ラフマーン1世が創建した当初は,間口 11スパン (張間) ,奥行 12スパンの列柱式礼拝室が主体であったが,以後,ラフマーン2世,ハカム2世ヒシャーム2世によって拡張された。総数 600本に及ぶ柱が赤,白縞文様の2段アーチを伴って林立する礼拝室は壮観である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コルドバの大モスクの関連キーワードアブドゥル・ラフマーン(2世)イスパノ・モレスク様式コルドバ(スペイン)ヒシャーム1世スペイン建築

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android