コレギウム・アウレウム(読み)これぎうむあうれうむ(英語表記)Collegium Aureum

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コレギウム・アウレウム
これぎうむあうれうむ
Collegium Aureum

ドイツの合奏団。名称は「黄金の楽団」の意。1962年に、ドイツ・ハルモニア・ムンディのレコード録音のためにフランツヨーゼフ・マイアーを中心に設立された。おもに18世紀のオーケストラに見合う編成により、当時の楽器を用いてバロックから古典派の音楽を演奏する点で先駆的役割を果たした。64年から、録音に使っていたキルヒハイムのフッガー城内「糸杉の間」で短期間の音楽祭を行うようになり、さらに各国の音楽祭にも出演、75年(昭和50)初来日した。[美山良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android