コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレス骨折 コレスこっせつ Colles fracture

1件 の用語解説(コレス骨折の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コレス骨折
コレスこっせつ
Colles fracture

橈骨遠位端骨折ともいう。手をついて倒れたときに起る橈骨末端の骨折である。骨片は背側,橈側に転位し,尺骨は背側に部分脱臼を起して,いわゆるフォーク状変形を呈する。この骨折に合併して正中神経や屈筋腱の障害も起ることがあるので,早期の整復,固定が必要となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コレス骨折の関連キーワード大腿骨頸部骨折庇い手酔い倒れ前腕骨骨折橈骨々折 (radial fractures)腕節炎 (carpal arthritis)橈骨頭 (head of radius)橈骨頸 (neck of radius)橈骨体 (shaft of radius)橈骨滑車 (trochlear of radius)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone