コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレス骨折 コレスこっせつColles fracture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コレス骨折
コレスこっせつ
Colles fracture

橈骨遠位端骨折ともいう。手をついて倒れたときに起る橈骨末端の骨折である。骨片背側,橈側に転位し,尺骨は背側に部分脱臼を起して,いわゆるフォーク状変形を呈する。この骨折に合併して正中神経屈筋腱の障害も起ることがあるので,早期の整復,固定が必要となる。アイルランド外科医 A.コレス (1773~1843) が記載。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コレス骨折の関連キーワード前腕骨骨折橈骨骨折